【アルギニンとシトルリン】持久力のある最後まで長続きする勃起をするために必要な2大成分

精力向上のための知識

勃起における「耐久力」とは、”頑張ってイかないこと”

であったのは、昔の話であり・・・

”フィニッシュ”に至るまで、そもそも勃起を保つための
<勃起の継続>ができないこと関して、悩んでいる男性も多いです。

いわゆる「中折れ」と呼ばれるこの症状は、EDの症状の1つでもあり
また”前兆”とも”過程”とも言える、決して見逃してはならないものでもあります。

この時期にしっかり立て直すか、本格的な勃起不全に陥るか、まさに”正念場”と言えます。

中折れの症状に悩まされ始めるのは、

・早い人で「20代後半」

・一般的には「30代半ば」

ということが多いようです。

確かに、「テストステロン(男性ホルモン)」のピークが
”20代前半”であることを考えれば、不思議ではないように思えます。

しかしながら・・・

  • 男性の平均初婚年齢・・・約31歳
  • 平均初産年齢(最初に子供を授かる年齢)・・・約32歳

ということを考えた際には、”一大事”として受け止めることが大切です。

何よりも性的な喜びを失わないためにも、これからも楽しむためにも
そこから早く復活して、ギンギンの相棒を取り戻しましょう。

VITOX-α

途中でダメになる時に起きていること

中折れのパターンとして、

  • 一度はちゃんと勃起できるけど”最後”まで維持できない
  • そもそも”しっかり”硬くならない

この2つが、典型的な例であると言えます。

「陰茎がカチカチになるために必要な血流」を保つことができなくなっているのです。

そして、そうなってしまう要因としては

  • 性的な興奮を保つことができない
  • 性的な興奮を伝えることができない
  • 血流の弱さ

主に、この3つを想定することができます。

ここでは、「射精までもっていきたい!」という前提で解説していきます。

”性的な興奮”自体は、クリアしているということです。

まず、勃起という現象は「興奮」を感じた脳が
”陰茎に血流を送る信号”を、神経に発することで起きます。

そして、そこから陰茎に血液を送るメカニズムに関しても
”勃起神経”と呼ぶべき、特別な信号によって働き始めることになります。

この時点に問題が起きていることで、EDや中折れが起きることになり
そもそも最初からダメなのか、途中でダメ(中折れ)になるかは”程度”の問題です。

この”神経”に関わる勃起不全の例として、

「お酒を飲むと勃たなくなる」

という典型的なものがあります。

アルコールによって、神経が麻痺していることで(鈍くなっている)
勃起するための信号や仕組みを送る神経が、うまく働かなくなっているのです。

また、糖尿病の合併症である「糖尿病性神経障害」も同じです。

血液が汚れていることで、神経に酸素や栄養素が行き届かなくなり
末梢神経から徐々に、神経の機能が失われていく症状です。

血糖値が高い人というのは、基本的にいずれインポになります。

この「神経(の信号)」が、途中で止まる(鈍くなる)ことで中折れも起きます。

【フニャチン中折れの原因】ED(勃起不全)の症状と前兆
陰茎をうまく硬くすることができない 「ED」や「インポ(テンツ)」と呼ばれる症状に悩む男性は、いつの世も常に存在します。 勃起不全の克服は、ある意味で「人類(男性)の永遠のテーマ」と言えるものです。 人類の歴史の中では、い...

”勃起”は「血液」によって作られる

血流に関しては、なんとかできる・なんとかすべきポイントであり
神経の問題に比べれば、改善のためのアプローチが多い要素です。

そもそも、勃起時の陰茎を固めているのは”血液そのもの”です。

血液が”陰茎海綿体”に流れ込むことで硬くなり、その量によって”硬さ”も決まります。

血液が十分に流れ込まないことには、完全に勃起することができないのです。

勃起不全の問題を考える際には、

「なぜ血液が流れ込まなのか?」

こと中折れという問題を考えた際には、

「なぜ足りないのか?」

「なぜ途中で逃げていくか?」

という事態を、解決する必要があります。

より物理的な要因としては、上記したように

  • 糖尿病
  • 動脈硬化

といった、血液・血流に関わる症状が原因となっていると想定できます。

これらの典型的な症状の1つこそが、中折れなのです。

これらによる中折れを解決するためには、”高血糖”といった根本的な解決が必要です。

そしてもう1つ、中折れには

「血液を集めるための栄養素が足りていない」

という要因も考えられ、こちらの方がより解決しやすい問題と言えます。

”勃起の仕組みそのもの”に働きかける成分

神経の問題

血流(血液)の問題

この2つの問題は、共通している要素と異なる要素がありますが
加齢による身体機能の劣化としては、基本的に両方現れることが一般的です。

これこそが、加齢による勃起不全の正体そのものと言えます。

避けられないないものによって邪魔されているのであれば、それを補うしかありません。

その際に注目するべきが、「アルギニン」と「シトルリン」という2つの栄養素なのです。

この2つの栄養素は、昨今のメンズサプリに欠かせない”2大栄養素”であり
上部参考ページにもあるように、勃起が起きているタイミングで活躍し続ける成分です。

運動をする際に、また頭を使う際に「ブドウ糖」が必要なように
勃起するため、硬く勃起するため、勃起力を保つために必要な栄養素と言えます。

”勃起の現場”では、アルギニンとシトルリンが頑張ってくれているのです。

あらゆる”性的機能”に有効な「アルギニン」

アルギニンは、簡単に表せば

  • 男性ホルモンを作る
  • 精子を作る
  • 勃起させる

という、勃起にとって欠かせない要素を担っている成分です。

「最強の勃起成分」と言っても、過言ではありません。

  • 男性ホルモンを維持する
  • 精子を増やす
  • 硬度をキープする

と言い換えれば、その頼もしさが分かると思います。

男性ホルモンである”テストステロンの素”であり

テストステロンが作らせる”精子の素”であり

勃起を引き起こす、男性機能を最初から最後までサポートしている存在です。

これだけでも、決して不足してはならないことが分かるはずです。

勃起を加速させる「シトルリン」

「増大サプリ」と呼ばれるアイテムの主成分となっていることも多く、
まさに陰茎に”グッと”血液を流す働きをしている存在が、シトルリンになります。

簡単に言えば、「陰茎の血行を良くする栄養素」です。

また勃起が起きているということは、アルギニンがシトルリンに変換されています。

アルギニンとシトルリンは、”補完関係”とでも言うべきものであり
アルギニンだけでなく、直接的にシトルリンを摂取することも大切です。

いずれにしても、勃起を保ち続けるためには2つの成分が”機能し続ける”必要があります。

アルギニンとシトルリンを摂取できる食材

これらの2大成分を特に豊富に含む食材としては、

  • 肉類
  • 大豆類
  • 甲殻類

この3つを主に上げることができます。

こちらも精力剤の定番である、

  • マカ
  • クラチャイダム

これらの原材料は、アルギニンの含有量が多いことがその根拠の1つになっていますが
”食材と言えば食材”とは言え、一般的な食卓に上がるものとは言えないことが現実です。

ちなみに、シトルリンと言えば「スイカ」であり
シトルリンにはアルギニンも豊富に含まれているため、
夏場の精力減退時には、ぜひ積極的に食べて欲しい食材です。

\「ヴィトックスα」なら完璧に摂取可能/
VITOX-α

ちゃんと取り入れるなら「精力サプリ」を導入すべき

やはり、日常的にアルギニンとシトルリンを効率的に摂取したいのであれば
”メンズサプリ系”一般的に、「精力剤(サプリ)」と呼ばれるアイテムがおすすめです。

上記したように、この2つの成分は精力剤の”主役”とも言える存在です。

今となっては”ありきたり”とも言える成分ですが、その重要性は極めて高いものです。

何よりも、”不足”させないことが大切な栄養素であり
衰えた勃起の”継続力”を補うためには、まとまった量を摂取することも大切です。

あくまで”過剰摂取に注意する”ことは大切ですが、
一時的に”一気に摂取する”ということは、ぜひ試してみて欲しい1つの手段です。

”ガツンッ”と体に入れることで、一時的にでも回復した報告はたくさんあります。

特に、

「血中にどれだけアルギニンが存在するのか?」

というのは、勃起力・継続力にとって非常に重要な鍵となります。

「アルギニンに満ちた体」を、ぜひ体感してみてください。

タイトルとURLをコピーしました