【インポとハゲは同時に克服】尿漏れの問題だけではない「前立腺」が鍵を握る中年男性の”自信”

精力向上のための知識

加齢による身体機能の衰えというのは、あらゆる要素の不具合が
”連鎖”することで巻き起こるものものも多く、特に”おじさん”と呼ばれる年になると
一気に目に見えるカタチで、実感を伴って現れることになります。

そして、中高年男性特有の不具合の根本にあるのが”男性ホルモンの減少”という要素です。

それは”男性ならでは”の症状となって現れることになります。

その1つこそが「ED(勃起不全)」であり、
場合によっては、「インポ(テンツ)」と呼ばれたりすることもあります。

一方で、男性ホルモンは減少だけでなく”暴走”によっても様々なトラブルを招きます。

「AGA(男性型脱毛症)」と呼ばれる、抜け毛による薄毛のその1つです。

言うまでもなく、”見た目”に悪影響を与えるものです。

更には「頻尿(尿漏れ)」と呼ばれる、”実害”を与えるものもあります。

インポ

ハゲ

おもらし

中年以降の男性に襲いかかる、これら3大トラブルには
「前立腺」という共通の要素があり、それは”同時”に解決するための鍵でもあります。

VITOX-α

中高年男性の3大トラブルに共通する前立腺のトラブル

”前立腺”とは男性特有の器官であり、というよりも「男性器」の一部とされるものです。

尿道の周りを包むようにあり、その中で「精嚢」から伸びる「射精管」と尿道が合流します。

”男性特有”というからには、「テストステロン(男性ホルモン)」にも関係が深く
それは即ち、ペニスや勃起機能とも縁が深いものです。

疾患によって前立腺を切除した際に、勃起することが極めて難しくなることが知られます。

「前立腺がん」といった、危険な・早急な治療が必要なものもありますが
典型的な前立腺のトラブルの症状としては、<肥大>してしまうことになります。

そして、この前立腺の肥大(前立腺肥大症)が見られる際に
EDと頻尿が起きやすくなり、その裏では”抜け毛”が進行することになります。

前立腺の肥大は、”男性ホルモンの変質”によって起こります。

その男性ホルモンの変異体が、「DHT(ジヒドロテストステロン)」であり
DHTは、前立腺を肥大させるだけでなく

  • 脱毛の促進
  • 発毛の抑制

といった、”ハゲ”を招く体の変化を起こすことになります。

「ジヒドロテストステロン」が発生してしまうメカニズム

男性ホルモン(テストステロン)は、日々一定の割合でDHTに変化しています。

テストステロンの分泌の絶対量が減ること、変化が激しくなることによって
デメリット(薄毛・ED・頻尿)が、顕著なものとなります。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンが
「5αレダクターゼ」と呼ばれる、「酵素」に出会うことによって発生します。

そして、「レセプター(感受体)」と呼ばれる細胞が
ジヒドロテストステロンを感じることで、その弊害が体に現れるます。

育毛剤に興味がある方であれば、”レセプターブロック”という言葉にピンと来るはずです。

受容体がDHTを感じることを防ぐことも、育毛剤の理論の1つであり
それはEDや頻尿に対しても、結果的に効果があると考えられます。

原因が同じなら共通した改善策もあるはず

精力サプリと育毛剤というのは、利用者が重なるアイテムになります。

ここまで繰り返し解説してきたように、ハゲとインポに重なる部分があるためです。

”残酷過ぎる”と思われる方も多いと思われますが・・・事実は事実なのです。

しかし、考え方を変えれば”同時にケアできる”ということでもあります。

同じ要因なのであれば、基本的な解決法は同じであるためです。

そして、それを実現するための手段として「ノコギリヤシ」を利用したケアがあります。

ノコギリヤシは、「頻尿(尿漏れ)改善アイテム」として古くから知れるものですが
今や、「育毛サプリ」と呼ばれるアイテムの主成分となっている存在でもあります。

3大トラブルに共通する根本的な対策

ノコギリヤシの働きとは・・・

”DHTの生成過程”となる、「テストステロンと5αレダクターゼの出会い」を邪魔します。

ノコギリヤシに含まれる独特の「脂肪酸」が
5αレダクターゼの働きを、抑制していると考えられています。

結果的に、ジヒドロテストステロンの発生自体を抑制することになります。

  • 禿げること
  • 勃起しづらくなること
  • 漏れること

これらの症状を招く過程を、まとめて解消することとなります。

おじさんが抱えることとなる、3つのトラブルの最も大きな要因の解消につながるのです。

まさに、”一石三鳥”が実現できる成分なのです。

このノコギリヤシの効果に関しては、賛否両論があることも事実ですが
「抜け毛が減る」ということに対して、メリットがあることが分かっています。

それはDHTの働きを抑制することができた、という何よりの結果であり
”DHTの暴走”が弱まるということは、前立腺のトラブルの対策として期待できるはずです。

ノコギリヤシを摂取するなら断線「育毛サプリ」がおすすめ

ノコギリヤシは、一般的な食材ではありません。

そのため、摂取したい場合には”サプリ”を利用することになります。

単体で配合しているサプリもありますが、”どうせなら”育毛サプリがぜひおすすです。

イクオスサプリEX

育毛サプリは、精力サプリと共通する点が多いアイテムでもあります。

それは、「目的に応じた特別な成分」だけでなく

  • ビタミン
  • ミネラル
  • アミノ酸

といった基礎的な成分も、しっかり備わっている点です。

一般的なサプリに比べればやや高価なものの、結果的に断然お得なのです。

ただし、ノコギリヤシに関しては精力サプリには配合されていないため
ノコギリヤシを目的とするのであれば、その選択肢は育毛サプリになります。

大人気育毛剤シリーズ「イクオスサプリ」の公式サイトをチェックしてみる

”早めに対策すべき”という点も同じ

前立腺肥大の根本的な要因は、<加齢>です。

生きていれば、いずれは(着実に)肥大していくことになります。

いずれはハゲる、のはある程度仕方がないことです。

”可能な限り食い止める”ということが大切です。

このサイトでは繰り返し述べていますが、全ての機能不全・劣化というのは
”年をとるとそうなる”という、老化による一種の生理現象であり避けられません。

しかしながら、60歳70歳80歳を過ぎても
”いわゆるおじいちゃん”になっても、ハツラツとした男性もたくさん存在します。

そうなりたいなら、できることをできるだけやることが大切です。

EDと尿漏れは、「男の更年期障害」として認められてきているものです。

もしかしたら、”恥ずかしい”や”認めたくない”という人もいるかもしれません。

しかしまずは認めること、改善に向けて行動することが大切です。

対策するメリットはたくさんありますし、対策すべき問題として考えるべきです。

タイトルとURLをコピーしました