【テストステロンの増やし方】男性ホルモンの分泌を活発にする方法と「トンカットアリ」を服用する際の副作用の注意

精力向上のための知識

”男性的な機能”を考えた際に、「テストステロン」というのは別格な存在です。

「男性ホルモン」の代名詞とも言えるテストステロンは、
”オトコを漢たらしめる”存在であり、いわゆる”男性らしさ”に欠かせない物質です。

筋肉の付きやすさ

体毛の濃さ

といったものに関わり、また思春期にはその力を最大に発揮し

生殖器官・機能の発達

喉仏の変化

と、大人の階段を駆け上がる最大の手助けとなります。

言うまでもなく、男性機能の最たるものである勃起との関連性は非常に強いものです。

テストステロンの分泌が活発な人というのは、
攻撃的であり、支配力が強く、もれなく性欲が強く精力に満ち溢れています。

現代の社会ではデメリットも多いですが、子孫を残すことを考えれば魅力的な存在です。

テストステロンが多い人がモテるのは、より深いレベルで生物的に有利なためです。

テストステロンを増やることは、

ビンビンになってモテるようになる

と、男性にとってメリットが多いことに違いありません。

特に「減っているな・・・」と思われる人は、より増やすための努力が必要です。

VITOX-α

男性ホルモンを増やすためにできること

成長期を過ぎた後、20代の半ばを過ぎてしまった男性でも
テストステロンの分泌量を増やすことができる、最も手軽な方法は「筋トレ」です。

負荷のあるトレーニングによって破壊された筋肉を、より強いものに修復する際には
テストステロンが分泌されるため、確実に分泌を促すものになります。

更に「たんぱく質」を摂取することで、テストステロンそのものを作ることになります。

筋トレ+プロテイン

は、誰でも始めることはできる有効な手段です。

ジムに通っている人というのは、同世代に比べて若く見える人が多いはずです。

テストステロンを活発にすることは、”若々しさ”を保つことにつながります。

下半身が若返るのは、ある意味でアンチエイジングの一部に過ぎないとも言えます。

全く運動する習慣を持たない人であれば、少し始めただけで違いが分かるはずです。

いい勃起を続けたいなら、ぜひできるだけ早く始めるべきです。

こういった”少し変えることで大きく変われること”を、実践することが大切なのです。

テストステロンを増やす「アルギニン」

たんぱく質が分解されたカタチである「アミノ酸」の中でも、
特に「アルギニン」は、”勃起アミノ酸”とも言える存在です。

現代における、「精力サプリ」全般の中心成分であり
その理由こそが、まさに”精子とテストステロンを増やすから”になります。

プロテインにも含まれることの多い成分であり、摂取するメリットの1つですが
栄養満点過ぎる一面もあるため、”太る”というデメリットもあります。

糖質も多く含まれており、健康問題を抱えている場合には避けるべきものの1つです。

また、たんぱく質の過剰摂取は内臓への負担も多いため
ピンポイントで摂取するのであれば、精力サプリの利用が最も効率的と言えます。

歴史ある強壮成分「トンカットアリ」とは

そして、”テストステロンを増やす”ことを目的とした際に
必ず知っておくべき存在が、「トンカットアリ」になります。

トンカットアリとは、東南アジア(主にマレーシア)減産の植物(ハーブ)です。

特に昨今では、

テストステロンを増やす成分

として注目され、今では性力系アイテムの”常連”となっています。

人体で検証した際の確実な証拠がない、といった意見もある一方で

  • 滋養強壮
  • 精(性)力増大
  • 催淫剤

といった効果があるとして、原産地では実際に昔から親しまれてきた植物です。

特に男性不妊や、病後や産後の滋養効果には一定の評価もあります。

また、

  • 高血圧
  • 動脈硬化

といった中年以降特有の症状(EDを招く要因にもなる)にも効果的とされており
肉体を若々しく保つための、”アンチエイジング”全般のサポートとして期待できます。

日本においては、上記したように”精力系アイテムの配合成分”の1つとして知られ
ひと昔前には、画期的な成分として「エッチな本」を中心に特集されていました。

当時は”かなり高価”なものだったにもかかわらず、急激に利用者を増やしたものです。

現在では価格も下がり、配合されたアイテムが増え、より一般的になってきました。

現在、マレーシアでは”国をあげた名物”として売り出されている植物でもあります。

「確かな商品」で試すべき成分

本来であれば、原産地で粉末を購入することが望ましいですが
実際にはなかなか難しいと思われるため、こちらもサプリでの摂取がおすすめです。

粉末で販売されているものも見られますが、いろいろな意味でおすすめできません。

あくまで”サプリに含まれる成分”として、試してみて欲しいと思います。

\アルギニンとトンカットアリの両方を/
\完璧に摂取できる「ヴィトックスα」!/
VITOX-α

ホルモンをしっかり使える体を保ち続けよう

そもそも<繁殖>とは、生物の人生最大の目的であり”そのための勃起”でもあります。

一方で、適齢期(20~50歳で女性よりは長い)を過ぎた後は衰えて当然のことです。

生殖を考えた際、テストステロンの分泌の本当のピークは「20歳前後」であり
その後は必要性がなくなるため、”落ち着いて”来るのは生物としての宿命です。

「それでも勃起したいんだ!」というのであれば、それを阻止することが必要になります。

その手助けとなるのがアルギニンやトンカットアリであり、それらに加えて

なんだか最近勃起してないな・・・

もう勃起する必要ないのかな・・・

そういったことを体に思わせることなく、<勃たせ続ける>ことが何よりも大切です。

EDとは、”気づいていたらなっていた”ということが非常に多い症状です。

その際に、共通していることが”勃起を忘れていた”ということです。

頻度が減る、いつのまにかしなくなる・・・しないのが当たり前

となってしまった結果なのです。

そうならないためには、「習慣的な勃起」をできる限りの頻度で繰り返すことが大切です。

インポにならないためには、”勃起すること”そのものが最も重要な予防策と言えます。

「まだ必要なんだ!」と体に訴えかけることが、何よりも有効なことなのです。

タイトルとURLをコピーしました