【勃起力の強化】タフな下半身を作るために日常生活の中でできる基礎的なケア

精力向上のための知識

勃起力アップのために日常生活の中でできるアプローチ「勃起力の向上」と「EDの改善」というのは、似ているようで異なるものですが
いずれにしても、”強く勃つ”ことができれば問題はクリアできているということです。

勃起不全に至る過程には、”うまく勃起できない”という過程が必ずあるものです。

その時点で、「本気で改善しよう」と考えることが大切であり
元気な姿を取り戻すため、盛り返しのためのケアを始めることが必要です。

”まだ少し勃つ”という状態であれば、勃起力アップのためのケアがまだ有効であり
少しずつ、自分に相応しいアプローチを始めましょう。

そして、その際には「日常的に継続できるケア」が鍵を握ります。

インポテンツの問題は、高血糖や薄毛の問題と同じく
一気に改善することよりも、基礎的な小さなことから変えていくことが大切なのです。

VITOX-α

自力で克服するなら”日ごろから徹底的に”という心構えが必要

EDを改善するためには、まずは「なぜうまく勃起できないのか?」を知ることが大切です。

【フニャチン中折れの原因】ED(勃起不全)の症状と前兆
陰茎をうまく硬くすることができない 「ED」や「インポ(テンツ)」と呼ばれる症状に悩む男性は、いつの世も常に存在します。 勃起不全の克服は、ある意味で「人類(男性)の永遠のテーマ」と言えるものです。 人類の歴史の中では、い...

とは言っても、それを明確に判断するのはなかなか難しいことです。

本来であれば”専門の医療機関”を訪れ、問診(カウンセリング)を受けることが必要です。

しかしながら、

・恥ずかしい

・そこまでするまでもない

といった考えもあり・・・

実際には、「病院に行かずに治したい」と思っていることが本音と思われます。

多くの人に共通する考えであり、確かに”自力で治せれば”と思ってしまうのは仕方ありません。

”だからダメ”ということも言えますが・・・

「まずは、自分なりにできることから始める」

ということは、確かに大切なことです。

だったら、”日常的に・徹底的に”を意識しましょう。

興奮した後の状態を観察する

まずは、日常的に「性的な興奮」をしっかり感じることが大切です。

勃起するタイミングとは、何と言っても「エッチな考えに頭がジャックされた時」です。

若い頃であれば、意識しなくても”いつの間にか”勃起していたはずです。

「意識しないと勃起できなくなっている」という時点で、やはり確実に劣化しているのです。

まずは、「勃起する意志」の炎を消さないことが大切です。

エッチな映像や画像を見ることが、最も手っ取り早いでしょうか?

その際に、

なんとなく見て、なんとなく勃たない

というのは、ダメなやり方です。

しっかりと「エッチな頭」に切り替えて、”それで勃つか勃たないか”も観察しましょう。

一方で「勃起しよう!」と思うほど、うまくいかないことも考えられます。

そういった場合には、”時間に余裕を持つ”ということを意識しましょう。

「いつ勃ってもいい」という状況で、リラックスして楽しみましょう。

また”支障”がないのであれば、”夜のお店”に行くのもありです。

それも「リハビリ」であることには、間違いありません。

一方で、「興奮しても勃起できない」となることで
”余計に自信がなくななってしまう”というリスクもあります。

あくまで、<マイペースに継続>していくことが大切です。

”気負わない”ことも大切

上記したように、「勃たせよう!」と過剰に強く思うことは危険です。

短期的なインポテンツ(性交前等)の原因は、基本的に”焦り”や”緊張”です。

焦れば焦るほどに、うまくいかないのは勃起だけではありませんが
リラックスした状態でなければ、基本的に勃起することはできません。

「朝勃ち」と呼ばれる現象は、睡眠時に「副交感神経」に切り替わった際に起こります。

副交感神経は、リラックス(静)の状態で活発になる神経です。

そして、それを妨げるのが「ストレス」です。

長期的(日常)なストレス、そして短期的な緊張を緩和していきましょう。

「禅」や「瞑想」といったものを、取り入れることをおすすめします。

”そこまでやる”というのが、大切です。

勃起しやすくなる食生活を送る

身体機能を変化・改善させようと考えた際には、「食生活の改善」は不可欠な要素です。

「勃起成分」を、意識して日常的に摂取していきます。

その際には、

  • 精子(精液)を作る成分
  • 精力を上げる成分
  • 前立腺をケアする成分
  • 基本的な疲労を軽減する成分

様々な角度から考えて、足りないものを補っていきましょう。

「食事の絶対量」が減っているのであれば、「サプリメント」の利用を検討しましょう。

年をとることで胃が小さく、胃腸が弱くなり、代謝も下がるのは避けられません。

”もっと必要なのに回らなくなる”とう、ジレンマが発生しています。

それを補ったうえで、更に摂取することが必要です。

サプリであれば、基本的に副作用はないため”少し多めの摂取”を意識しましょう。

特に、

  • アルギニン
  • シトルリン

といった成分は、短期間で一気に摂取することでより効果が見られやすい成分です。

”限度”はありますが、「一定期間の多めの摂取」を一度経験して欲しいと思います。

まずは「健康体」を手に入れることから

更に、この食生活を考えた際には「控える成分」も意識することが大切です。

”必要なものをたくさん”ということに加えて、「要らないもの」はセーブしましょう。

必要な栄養素が足りないのに、必要ない栄養素を過剰に摂取している

というのは、「インポのおじさん」に非常によく見られる状況です。

勃起しようとする前に、まずは健康体を用意しましょう。

そもそも健康でない体では、元気に勃起することはできません。

  • 糖尿病
  • 脂質異常症(高脂血症)
  • 動脈硬化

といった「血液」に関わるトラブルは、勃起を妨げる最大の要素です。

そして、これらの症状に共通する要素が「肥満」です。

太っているのであれば、痩せましょう。

食べ過ぎなら、食事量を控えましょう。

運動不足なら、運動を始めましょう。

できること、必要なことは、早めに取り入れましょう。

早めに本気で向き合う

「バイアグラ」といった”医薬品”は、諸刃の剣になります。

根本的な解決にならない反面、「勃起する感覚」を感じることはできます。

体への負担はある反面、確実に陰茎を硬くすることはできます。

いずれにしても、徹底的に取り組んで「もうそれしかない」となった後に使うべきです。

そして、その際には必ず医師への相談が必要です。

”その判断”をするためにも、一度本気で<自然治癒>に取り組むべきと言えます。

タイトルとURLをコピーしました