【フニャチン中折れの原因】ED(勃起不全)の症状と前兆

精力向上のための知識

陰茎をうまく硬くすることができない

「ED」や「インポ(テンツ)」と呼ばれる症状に悩む男性は、いつの世も常に存在します。

勃起不全の克服は、ある意味で「人類(男性)の永遠のテーマ」と言えるものです。

人類の歴史の中では、いつの時代も「現代」こそが”最も新しい時代であり
当然のことながら、医療・科学に関しても”今”こそが最も進んでいると言えます。

それでも、悩む人がいなくならないのは「生理現象」であるからに他なりません。

勃起不全とは、年をとることで”基本的に誰でも起きる症状”なのです。

とは言っても、

「バイアグラ」を始めとした、”とりあえずの解決”が可能な手段はあることにはあります。

しかしながら、それらは

<強制的に硬くする>仕組み

であること、

それがないと硬くならない

ということから、根本的な解決策とは言えません。

本来であれば、”自力”で”自分の体本来の機能として”勃起力を取り戻したいはずです。

一方で、EDには必ず前兆があるものです。

「もしかしたら・・・」

そう悩んでいる方もいることと思います。

そして、その状態を放置した先には勃起不全があります。

”不安になってしまう理由”に心当たりがあるのであれば、今すぐ対策をとりましょう。

中折れ

フニャチン

これらはEDの確実な前兆であり、それそのものがEDの症状とも考えられています。

このサイトは、そんな悩み”下半身の不安”を抱えた方の「硬い勃起への道」をご案内します。

VITOX-α

インポテンツの症状とその要因

勃起力を取り戻すためには、

「そもそもどうしてイマイチな感じになってしまっているのか?」

という、うまく勃起できない理由を知ることが大切です。

自分のインポの原因と知ることなく、改善・克服することはできません。

”E(Erectile<起立>)D(Dysfunction<機能不全>)”

正に勃起不全と言える症状を招いてしまう要因には、様々なものがあります。

まず始めに、

冒頭で解説した「生理現象としての避けられないED化」があり
これは「加齢による身体機能の劣化」の一部あり、筋肉・骨・五感の劣化と同じものです。

陰茎・陰嚢(精巣)・前立腺、これら”下半身”を構成する全てが劣化するためです。

重い物を持ち上げることができなくなる、ということと同じように
硬く勃たせること、長時間勃起を保つことが、だんだんと難しくなります。

性欲・勃起力・精力の”核”となる、「テストステロン(男性ホルモン)」が減少すること
生物的な役割を終えていることを体が判断することから、仕方がないものでもあります。

どうしても、誰にでも、やってくることです。

この”ダメになる”のをいかに食い止めるか・軽減するのか、という考え方が必要です。

他の病気による機能不全

以上の事情を基本的なベースとして、EDの要因は主に2つの角度から考えることができます。

そして、加齢に伴うEDは

  • 動脈硬化
  • 糖尿病

といった、「他の疾患」が勃起を妨げているケースが非常に多いです。

これは「器質性勃起障害」と呼ばれるものであり、”体の調子が悪いから”というものです。

特に勃起の仕組みには、「神経」と「血流」が大きく関わることになります。

  • 生活習慣病
  • メタボリックシンドローム

これらは、神経・血流に確実に悪影響を及ぼす最悪の症状です。

これらの症状を抱えていることの多い”おじさん”がインポになるのは、ある意味で当然です。

一方で、「健康な勃起に必要な栄養素」が足りていないことによって
陰茎”芯が入らない”といったような、<弱い勃起>も無視できないトラブルです。

必要な栄養素は足りないのに必要のない栄養を摂り過ぎている

この”あべこべ”な状態は、最も多いEDの要因と考えられます。

決して冗談で済まない”ストレスで勃たない”という症状

次に、”心の健康状態”によって起きる勃起不全です。

  • 悩み
  • 不安
  • 恐怖

「ストレスでうまく勃たない」

というのも、非常に多いケースです。

これを「心因性(機能性)勃起障害」と呼びます。

本来であれば、”インポに悩むのは早すぎる”という若者の多くが該当します。

大切な時に、「緊張して勃たない」というのも同じです。

そしてこの心因性の勃起障害は、今非常に増えている言われています。

ストレスというのは、自分が気付かないうちに溜まっていくことも多いです。

知らず知らずのうちに、インポになっていることも珍しくありません。

「無意識に取り入れている情報」が多い現代は、自覚のないストレスが多い時代です。

身体機能としての、勃起能力には問題ないため
勃起を邪魔しているストレスを突き止め、早急に取り除くことが先決です。

いろいろあってED

そして、以上の2つの症状が混在しているものを「混合性勃起障害」と呼びます。

「ストレスで暴飲暴食しているおじさん」といったような、
心当たりが多すぎて分からない、”全てがアウト”という感じでしょうか。

多すぎて整理できないストレス

どうしようもない食生活

乱れていることが当たり前の生活リズム

もしかししたら、EDに悩む方のほとんどが当てはまる状況かもしれません。

勃起障害は、「自覚のない要因」が非常に多い症状です。

そして、”いつのまにか”気づいたらなっているものでもあります。

気付き次第、行動することが大切です。

冒頭では、”インポの克服は人類の永遠のテーマ”としましたが
克服しようという努力、その手段に関しても研究され続けてしました。

「今が一番いい時代」なのです。

ぜひ、当サイトを参考にして克服に向けて走り出して欲しいと思います。

タイトルとURLをコピーしました