【性欲があるのに勃起できない理由】なぜか勃たない原因は病気?緊張?-苦しくて切ない症状はどう克服すればいいのか?-

精力向上のための知識

欲望が芽生えて

その欲望を解消したい

にもかかわらず・・・

解消することができない

叶えたい願いがあって

それを叶えるための方法が分かっているのにもかかわず・・・

実行することができない

EDに悩む方の中には、この何とも切ない状況に陥っている人も多いと思われます。

男性機能不全の症状というのは、”気付いたらなっていた”ということも多いものですが
それに気づいた際には、

なんとかして復活させたい!

まあ、もういいか。

主にこの2つの考え方に分かれることになります。

そして、この考え方を分けるものは”根本的な性欲の有無”であり
簡単に言えば、「スケベな気持ちが残っているか否か」ということです。

もちろん、「性の喜び」は立派な”生きる喜び”の1つです。

頑張りましょう。

VITOX-α

「間に合う可能性」があるから早く対処を始めよう

そもそも、性欲が沸かなくなったら勃起するための機能は必要ありません。

また性欲が低下していくに伴い、自然と勃起機能も低下していくものです。

とは言え、

当サイトをはじめとした、”解決するための方法”を探している時点で
少しでも勃起への渇望があるため、「最悪の状況ではない」と言えます。

ただし、放っておくことで着実に状況は悪化するものであり
また加齢に伴う男性機能不全は、基本的に進行していくものでもあります。

年齢に関わらず、”性欲はあるのに勃たない”というケースというのは
基本的には、肉体的・物理的な要因があると考えられます。

そのため、悩んでいるのであれば”最低限の行動”は必ずしておきましょう。

【勃起力の強化】タフな下半身を作るために日常生活の中でできる基礎的なケア
勃起力アップのために日常生活の中でできるアプローチ「勃起力の向上」と「EDの改善」というのは、似ているようで異なるものですが いずれにしても、”強く勃つ”ことができれば問題はクリアできているということです。 勃起不全に至る過程には、...

「根本的な身体機能」にトラブルが発生していることも

性欲自体はある、けど肉体的な欠陥によって勃起が妨げられている
その最も極端で典型的なものとしては、「糖尿病」等の疾患によるものです。

”糖尿病の症状としてのインポ”は、広く知られているものでもあります。

その理由を簡単に説明すれば、

高い血糖値(汚れた血液)が招く動脈硬化(血が流れにくくなる)によって、
神経に酸素や栄養素が届かなくなり、神経の機能が正常に働かなくなる

その結果として、正常な勃起が起こりにくくなっているのです。

勃起とは、

  1. 興奮したことを神経が脳に伝え
  2. 神経が勃起する指示を出し
  3. 陰茎に血液が集める

という流れによって起こります。

興奮物質や、ホルモン物質を流すのも血液であり
陰茎を膨らませているもの、そのものが血液でもあります。

血液・血流・神経と、勃起に関わる要素全ての質の悪化を招いてしまうことになる
糖尿病といった生活習慣病は最悪のED要因であり、根本的な問題となります。

その”度合い”にもよりますが、着実に勃起の質を落とすものです。

ある意味では、勃起の質とはそのまま健康状態を反映してるのです。

そして、こんな状態であっても性欲は沸くものでもあります。

ちなみに、性欲を含めた”基本的な欲望”が強い人というのは食欲旺盛なものです。

つまり、太りやすく、生活習慣病になりやすい傾向があります。

「煩悩」と呼ばれるものは、様々な苦しみを生むことが分かります。

一時的な症状もいずれ慢性的なものとなってしまう

「性欲があるけど勃たない」の原因は、基本的には物理的・肉体的な要素としましたが
それが”慢性的”なのか”一時的”なのかによって、精神的な要因も考慮する必要があります。

・大切な時に勃たない

・やりたくて仕方がないのに勃たない

というのは、性行為の際等にはよくあることでもあります。

こういった状況を招いているのは、主に”緊張”であると言えます。

そして、緊張とは立派な「ストレス」でもあります。

「緊張し過ぎて勃たない」と聞くと、大したことではないように思えますが
勃たないのは勃たないモノであり、それが”毎回”であれば注意が必要です。

インポというのは、癖になるものです。

そのまま、「ホンモノのインポ」になってしまう可能性もあります。

「たまに調子悪い」から、「いつも調子悪い」に変わってしってしまうのです。

メンタル的なインポを克服するためには、

  • 慣れること
  • 気負わないこと

それによって、”リラックス”できるようになるしかありません。

そもそも、勃起とは副交感神経の働きが重要な鍵を握るものであり
リラックスするということは、意外と・とても・何よりも重要なことです。

「悪い連鎖」を「いい連鎖」に変えていく

その要因が物理的なものにしろ、内面的なものにしろ
慢性的になってしまうことで、「男としての自信」が失われてしまいます。

これは、何よりも”メンタルにクル”ものです。

そしてそれは、勃起することでしか克服できないものでもあります。

結果を出すことでしか、根本的な解決はできないのです。

これがED改善の、本質的な難しさでもあります。

まだ枯れていない、枯れるには早いのにうまくいかない。

特にもともとも性欲が強い人の場合には、余計に苦しいものでもあります。

また”今まではできた”からこそ、もどかしいものでもあります。

だからこそ、焦ってしまいます。

そして、焦りはリラックスと対極にあるものです。

インポとは、こういった「負の連鎖」によって招かれるものなのです。

1つの要因から、次々に別の要因が現れていくことになります。

つまり、それを覆すためには「言い連鎖」を起こすことが必要だということでもあります。

まずは焦ることなく、とりあえず”1つだけでも”取り戻していきましょう。

じっくり、一歩一歩進むことが大切です。

性欲がある限りは、まだなんとかなります。

タイトルとURLをコピーしました