【勃起する仕組み】ペニス(陰茎)が硬くなるメカニズムとは

精力向上のための知識

かつては”当たり前”だった

なんとなく”自然な機能”と思っていた

そもそもなんで硬くなっていたのか分からない

今は取り戻したくてたまらない

<勃起>とは、どうして起きるものなのか?

何が引き起こしている現象なのか?

もう一度元気に勃起するためには、「勃たなくなった原因」を知ることと同時に
”そもそもなぜ勃っていたのか?”という、勃起の仕組みを知ることも大切です。

勃起とは、

・性的な興奮

・自律神経の働き(いわゆる「朝勃ち」)

によって起きる、「生理現象」と呼ばれるものです。

生理現象とは、”そうなることが自然な現象”ということです。

  • 食事を摂取することによって胃腸が活発になる
  • 目に汚れが入った時に涙が出る
  • 走ったら心拍数が上がる

こういったものと同じであり、基本的に”無意識”で起きるものです。

だからこそ、できなくなった時に
「どうすればいいのか」と、悩んでしまうものでもあります。

自然に勃っていたくせに、なかなか自然に治らないからやっかいです。

そして、それは勃起不全も生理現象の一部だということでもあります。

意識して、立ち向かっていきましょう。

VITOX-α

勃起という現象が起きるまでの過程

自然に起きる現象である。

とは言っても、

  • エッチなビデオを見る
  • 食事を作る
  • 走る

といった、”きっかけ”を自分で作ることができる生理現象は多いです。

一方で、「ED(勃起不全)」というのは

  • 性欲はある
  • 勃起はしたい
  • エッチな刺激を与えている

にもかかわらず、元気にならない症状です。

「勃起の過程における何か」が、うまくいっていないのです。

それぞれの過程を知り、”自分の場合はどこなのか?”を整理しましょう。

基本的には「性的な刺激」から始まる

まずは、何と言っても「興奮」です。

一般的には、「エッチな刺激」が起点となって勃起のメカニズムが開始されます。

「クラビアの写真を見て即勃起」

そんな、時代もあったはずです。

興奮から勃起までの時間が短いこと

これは「硬度」と同じく、”ペニスの健康度”の指標となります。

”とにかく興奮すること”が、まずは勃起にとって何よりも大切です。

勃起するためには「リピドー」と呼ばれる「性的(興奮する意志)」が不可欠です。

興奮は脳に伝わり、勃起する指示を与え、下半身で勃起が始まります。

そして、それを伝えるのが「神経」です。

神経によって伝えられ血液で発生する勃起成分

性的な興奮を受けとった脳は、勃起を指示します。

勃起神経とも呼べる器官が、陰茎(海綿体)に血液を充満させるように体に働きかけます。

アルギニンがシトルリンへと変換され、その過程で「一酸化窒素」が発生します。

一酸化酸素が、血管を刺激し「グアノシン一リン酸(サイクリックGMP)」を発生させ
最終的に、グアノシン一リン酸がピンポイントで海綿体を膨張させることになります。

一酸化窒素は、「血管を広げる成分」として知られるものであり
精力サプリにアルギニン(シトルリン)が、配合されている理由の1つです。

この段階で鍵を握るのが神経と血管であり、これらはもれなく”中高年の弱点”です。

1つの例として、

糖尿病の進行の過程でEDとなるのは、神経と血液(血管)が悪化するためです。

「糖尿病神経障害」は、”そこそこ進んだ”際に発生する糖尿病合併症ですが
あらゆる感覚が鈍くなってくることの一部として、興奮や勃起の指示が届きにくくなります。

これが「高血糖インポ」の正体です。

言うまでもなく、神経も血管も下半身だけでなく体全体を走るものです。

EDを改善するためには、基本的に体全体の健康化が不可欠です。

勃起不全は”体全体”の問題である

ここでは、あくまで「性的な勃起」のメカニズムを紹介しました。

EDの回復を目指す男性のほとんどに、「性的な目的」があると思いますが
一方で、上記したように勃起は”体全体”の問題でもあります。

もう1つの勃起現象である”朝勃ち”の質も、健康状態の反映に違いありません。

何と言っても、その最大の目的は<生殖>であり
命をつなぐためには、健康体であることが大前提です。

とは言え、まずは”性的な興奮を求めること(リピドー)”を求めましょう。

そもそも”それ”を求めることができない状況は、かなり危険です。

「もう、いいや」では、ダメなのです。

ただし、当サイトを訪れたということは多少は危機感があるはずです。

今すぐに、「興奮する習慣」を取り戻しましょう。

勃起することは、いいことです。

タイトルとURLをコピーしました